アジアビジネスフリーマガジン
「Sailing Master」

アジアの時代の到来




中国、インド、タイ、ベトナムなどの台頭は、世界経済に大きな衝撃を与えています。成長著しいアジア各国は先進国にはない活気に満ち溢れ、無限の可能性が広がっています。貧しいアジア各国の羨望の眼差しを一身に集めてきた日本も、アジアという視点でビジネスを組み立てていかなくてはならなくなっています。これは、大企業だけでなく中小企業も同様です。

少子高齢化によりマーケットとしての求心力を失いつつある日本に比べ、アジア経済圏には世界から「ヒト・モノ・カネ・ジョウホウ」が集まっています。2010年以降はアジアの時代と言われており、日本も視点を高く持ちアジア視点でビジネスに臨まなくてはなりません。

「Sailing Master」はアジア視点でビジネスを展開する企業を応援します。経営者は企業という船の航海長(Sailing Master)。今後は、海の向こうの大陸へ向けて航海を余儀なくされるでしょう。そのとき、本誌が読者の皆様の一助となれば幸いです。


アジア視点のビジネスマガジン「Sailing Master」は船出を控える多くの企業にエールを贈ります。


【アジア各国にお住まいの方へ】
「Sailing Master」を定期購読することができます。詳しくは.info@bwg.co.jpまでお問い合わせください。
※送料が別途発生します。


【セイリング・マスターVOL.10 コンテンツ】
■SPECIAL INTERVIEW
積極的な交流と親密なネットワークが
日本をアジアのリーダーへと導く

国際機関APO(アジア生産性機構) 
事務総長 竹中 繁雄
アジアで伸びる環境ビジネス最前線
~日本とアジア各国 その取り組みをレポート~
“ 世界の市場”に向けて新たな転換期を迎える中国
社団法人 日本経済団体連合
国際第二本部 アジアグループ長 青山 周
環境問題のプロフェッショナルが語る
インドの現状とは
株式会社 日吉 代表取締役社長 村田 弘司
深刻化する環境問題への挑戦
フィリピンでの試み
フィリピン産業界環境支援組織(PBE)
Executive Director Ms. Lisa Antonio
フィリピン生産性本部(DAP)
Center for Sustainable Human Development
Managing Director Mr. Alan Cajes
究極のリサイクル装置で
地域に根付いた循環型社会を実現
G-8 INTERNATIONAL TRADING 株式会社
代表取締役 宮川 隆
注目のキーワードはこれだ!
日本の経験をアジアで生かす
環境先進国として果たす役割とは?

タイの現状と展望
“大田区で培われた“ 職人の技”が
タイでのピラミッド構造を生む
株式会社 西居製作所 
代表取締役社長 西居 徳和
日本語学校の設立で
中小企業が抱える経営継承の課題を解決したい
税理士法人 西川会計 税理士 西川 康雄

■アジアで輝く女性たち 
価値観の違いを乗り越え
成功を収める


株式会社 アリア 
代表取締役 西村 有紀子
■ASIAN BEAT
日本が誇る“モノづくりの品質”と
インドが持つ“ 世界の頭脳”
インドへの開発移管で
世界No.1の装置メーカーを目指す

株式会社 ウインズ
代表取締役社長 長田 厚
取締役・ソフト設計部部長 ガウタム シャンカ
■Column・大場 由幸
アジア投資ウォッチング

第4回 
ビジネスにおける心構え
〜ベトナムの事例 vol.1 〜
■Column・松田 健
New Wave from Asia 

第4回 
 欧米とタイとの連携で
クリエイティブな生産活動を展開

■ベトナム進出の頼もしい味方
BEST PARTNER COMPANY 

・AHOA LAW OFFICE
・BIZLINK LAWYERS & CONSULTANTS

■ASIA TOPIC セミナーレポート
インドにおける
人材マネジメントのあり方 


ジョブストリート株式会社
代表取締役 菱垣 雄介

 

■BOOK REVIEW
アジア人との正しい付き合い方
〜異文化へのまなざし〜』

 
【Sailing Master バックナンバー紹介】
Sailing MasteVol.14
Sailing MasteVol.13
Sailing MasteVol.12
Sailing MasteVol.11
・ Sailing MasteVol.10
Sailing MasteVol.9
Sailing MasteVol.8
Sailing MasteVol.7
Sailing MasteVol.6
Sailing MasteVol.5
Sailing MasteVol.4
Sailing MasteVol.3
Sailing MasteVol.2
Sailing Maste創刊号
Sailing Maste創刊準備号



著作権について

本サイト内の記事、コンテンツ類の無断転載、複製および転送を禁じます。このような運営の妨げになる行為に関しては、損害賠償を求めることがあります。