アジアビジネス情報マガジン
「Sailing Master」

アジアの時代の到来




中国、インド、タイ、ベトナムなどの台頭は、世界経済に大きな衝撃を与えています。成長著しいアジア各国は先進国にはない活気に満ち溢れ、無限の可能性が広がっています。貧しいアジア各国の羨望の眼差しを一身に集めてきた日本も、アジアという視点でビジネスを組み立てていかなくてはならなくなっています。これは、大企業だけでなく中小企業も同様です。

少子高齢化によりマーケットとしての求心力を失いつつある日本に比べ、アジア経済圏には世界から「ヒト・モノ・カネ・ジョウホウ」が集まっています。2010年以降はアジアの時代と言われており、日本も視点を高く持ちアジア視点でビジネスに臨まなくてはなりません。

「Sailing Master」はアジア視点でビジネスを展開する企業を応援します。経営者は企業という船の航海長(Sailing Master)。今後は、海の向こうの大陸へ向けて航海を余儀なくされるでしょう。そのとき、本誌が読者の皆様の一助となれば幸いです。


アジア視点のビジネスマガジン「Sailing Master」は船出を控える多くの企業にエールを贈ります。


【セイリング・マスターVOL.19 コンテンツ】

■巻頭インタビュー
日本発のカスタムメイド・コンタクトで
「見える」喜びをアジア、そして世界に広げたい

株式会社サン コンタクトレンズ
代表取締役社長 大橋敏夫




才能が輝きを放つ
アジアのエンタテインメント産業
データから見るエンタテインメント産業
世界への追い風を受け飛躍するエンタテインメント産業
グローバル化が鍵を握る映画
海外への作品展開で幕を開ける映画新時代
海外へと羽ばたく日本の音楽
“産業をつなぐ”ことで生まれる新たな活路

社団法人音楽制作者連盟
SYNC MUSIC JAPAN

グローバル化が進むテレビ放送
海外向け番組がもたらす大きな経済効果

北海道テレビ放送株式会社

アジア向けに最適化した映像制作
世界標準の映画こそが映像美の原点

株式会社東北映像

アジアで活躍する日本人アーティスト
異国の文化を吸収し、新しい自分に出会う

矢野浩二

アジア進出成功のカギは
エンタテインメント産業が生む
ジャンルを超越した相乗効果

■アジアで輝く女性たち
徹底的にこだわり抜いた
本物のカンボジア産プロダクト


クル・クメール ボタニカル 代表 篠田ちひろ


 
■アジアマーケットレビュー
【外食産業】高級料理から庶民の味まで
日本の外食産業がアジアで新たな食文化を産む

 
■Asian Beat
サポーターとともに演奏の楽しみや文化を創造
匠の技が世界に響くハーモニカの専門メーカー 


株式会社トンボ楽器製作所 会長 真野泰治

■MEKONG BUSINESS TREND
食べ放題「回転鍋」は日本に逆輸入されるか? 

流通科大学教授 上田義朗

 
■THAILANDビジネス最前線
優れたファインブランキング加工で
低価格かつ高精度な現地生産を実現 


株式会社奏野精密 代表取締役 渕脇忠夫

■New Wave from Asia
第13回 IT大国を目指すフィリピン

フリージャーナリスト 松田 健

 

日本人が知らないアジア・ビジネス
Vol.7 ASEAN諸国
「AYNJ-アセアン・ユース・ネットワーク・ジャパン」

ジョブストリート・アセアンビジネス
コンサルティング株式会社
代表取締役社長 菱垣雄介


 

Asian Golf Go! Go!
第5回 南シナ海を望む美しいロケーションで
変化に富んだレイアウトを攻略!

マカオ
「マカオ・ゴルフ&カントリークラブ(MACAU GOLF&COUNTRY CLUB)」


 

■本当のインドを知れば怖くない!
第1回 タイムリミットが迫るインドへの進出

エニシスマネジメント プライベート リミテッド
青山 諭



 
【Sailing Master バックナンバー紹介】
・ Sailing MasteVol.19
Sailing MasteVol.18
Sailing MasteVol.17
Sailing MasteVol.16
Sailing MasteVol.15
Sailing MasteVol.14
Sailing MasteVol.13
Sailing MasteVol.12
Sailing MasteVol.11
Sailing MasteVol.10
Sailing MasteVol.9
Sailing MasteVol.8
Sailing MasteVol.7
Sailing MasteVol.6
Sailing MasteVol.5
Sailing MasteVol.4
Sailing MasteVol.3
Sailing MasteVol.2
Sailing Maste創刊号
Sailing Maste創刊準備号



著作権について

本サイト内の記事、コンテンツ類の無断転載、複製および転送を禁じます。このような運営の妨げになる行為に関しては、損害賠償を求めることがあります。