アジアビジネス情報マガジン
「Sailing Master」

アジアの時代の到来




中国、インド、タイ、ベトナムなどの台頭は、世界経済に大きな衝撃を与えています。成長著しいアジア各国は先進国にはない活気に満ち溢れ、無限の可能性が広がっています。貧しいアジア各国の羨望の眼差しを一身に集めてきた日本も、アジアという視点でビジネスを組み立てていかなくてはならなくなっています。これは、大企業だけでなく中小企業も同様です。

少子高齢化によりマーケットとしての求心力を失いつつある日本に比べ、アジア経済圏には世界から「ヒト・モノ・カネ・ジョウホウ」が集まっています。2010年以降はアジアの時代と言われており、日本も視点を高く持ちアジア視点でビジネスに臨まなくてはなりません。

「Sailing Master」はアジア視点でビジネスを展開する企業を応援します。経営者は企業という船の航海長(Sailing Master)。今後は、海の向こうの大陸へ向けて航海を余儀なくされるでしょう。そのとき、本誌が読者の皆様の一助となれば幸いです。


アジア視点のビジネスマガジン「Sailing Master」は船出を控える多くの企業にエールを贈ります。


【セイリング・マスターVOL.18 コンテンツ】
■巻頭インタビュー
国内消費市場の拡大に向けて
ビジネス事情が変化するベトナム
的確な需要予測と多くの情報量で
新たな人材ビジネスモデルを構築

G.A.コンサルタンツ株式会社
VieclamBank Advisor 関 岳彦

市場競争は新たな局面へ
無限の可能性を秘めるアジアのコンテンツ産業
アジア市場に求める新たなコンテンツ産業の行方
魅力あるコンテンツをいかにアジアへ広げるか
マンガや小説の配信に適した電子書籍ソリューション「BookSurfing」

株式会社セルシス

中小企業の活路となる新たなゲーム市場の隆盛

社団法人コンピュータエンターテインメント協会

商材や自社アピールを「情報コンテンツ」として活用
ネイティブの心をつかむ文章が魅力あるコンテンツへの第一歩

株式会社アミット

下克上と群雄割拠のクリエイター戦国時代

代々木アニメーション学院

進化するコンテンツ産業
アジア市場を勝ち抜くには次世代のクリエイター育成が鍵

■アジアで輝く女性たち
プリザーブドフラワーで伝える
「美の創造」の素晴らしさ


プリザーブドフラワーアレンジメント教室「Rose Box」主宰 鄭 貴恵

 
■アジアマーケットレビュー
【釣具市場】生産拠点からマーケットへ
アジアを舞台に日本の「釣り」文化を広げる

 
■Asian Beat
世界初のプラマグ開発と先を見据えた海外進出で躍進専門メーカーが見つめるアジアビジネスの可能性とは 

株式会社マグエックス 代表取締役 阿部城士
■MEKONG BUSINESS TREND
ベトナム「新幹線」はどうなる?
インフラ整備の展望 


流通科大学教授 上田義朗

 
■THAILANDビジネス最前線
プーケットの海を満喫できるプライベート型ダイビングショップ 

Nice Dive Phuket Co.,Ltd 代表取締役 渡辺広明

■New Wave from Asia
第12回 新世代の農民工で変貌する広東省

フリージャーナリスト 松田 健

 

日本人が知らないアジア・ビジネス
Vol.6 マレーシア
「チューンホテルズ-東南アジアビジネスはローテクか?」

ジョブストリート・アセアンビジネス
コンサルティング株式会社
代表取締役社長 菱垣雄介


 

Asian Golf Go! Go!
第4回 心と身体を癒すリゾートアイランドで
戦略性に富んだホールに挑戦!

中国 海南島
「龍泉谷ゴルフクラブ(Dragon Valley Golf Course)」


 

■Management Report
中堅・中小企業を強くする「コンピテンシー」(後編)

人事政策研究所 代表 望月禎彦


 
【Sailing Master バックナンバー紹介】
・ Sailing MasteVol.18
Sailing MasteVol.17
Sailing MasteVol.16
Sailing MasteVol.15
Sailing MasteVol.14
Sailing MasteVol.13
Sailing MasteVol.12
Sailing MasteVol.11
Sailing MasteVol.10
Sailing MasteVol.9
Sailing MasteVol.8
Sailing MasteVol.7
Sailing MasteVol.6
Sailing MasteVol.5
Sailing MasteVol.4
Sailing MasteVol.3
Sailing MasteVol.2
Sailing Maste創刊号
Sailing Maste創刊準備号



著作権について

本サイト内の記事、コンテンツ類の無断転載、複製および転送を禁じます。このような運営の妨げになる行為に関しては、損害賠償を求めることがあります。