アジアビジネス情報マガジン
「Sailing Master」

アジアの時代の到来




中国、インド、タイ、ベトナムなどの台頭は、世界経済に大きな衝撃を与えています。成長著しいアジア各国は先進国にはない活気に満ち溢れ、無限の可能性が広がっています。貧しいアジア各国の羨望の眼差しを一身に集めてきた日本も、アジアという視点でビジネスを組み立てていかなくてはならなくなっています。これは、大企業だけでなく中小企業も同様です。

少子高齢化によりマーケットとしての求心力を失いつつある日本に比べ、アジア経済圏には世界から「ヒト・モノ・カネ・ジョウホウ」が集まっています。2010年以降はアジアの時代と言われており、日本も視点を高く持ちアジア視点でビジネスに臨まなくてはなりません。

「Sailing Master」はアジア視点でビジネスを展開する企業を応援します。経営者は企業という船の航海長(Sailing Master)。今後は、海の向こうの大陸へ向けて航海を余儀なくされるでしょう。そのとき、本誌が読者の皆様の一助となれば幸いです。


アジア視点のビジネスマガジン「Sailing Master」は船出を控える多くの企業にエールを贈ります。


【セイリング・マスターVOL.25 コンテンツ】

巻頭インタビュー
技術力と高品質はセールスポイントにならない
商売の原理原則に徹し、市場ニーズに応えろ

アーチインターナショナル株式会社
代表取締役 拜 会




特集
グローバル化が加速する!
今、開かれる第1次産業

新たな第1次産業のビジョンを描けるか
日本の農林水産業が迎えるチャンス

インド
アジアで活躍する日本の第1次産業
ITとの融合で「スマート」に変化する
アジアでの第1次産業のこれから

日本アイ・ビー・エム 公共事業 官公庁IBDT Smarter City 推進 部長 加茂 義哉

第1次産業を次のステージへ進めるために


■特集2
ASEANに眠るビッグチャンス!
躍進が期待されるミャンマー

経済成長に向けて動き出すミャンマー

脚光を浴びている親日国ミャンマー

元駐ミャンマー大使 山口 洋一
ミャンマーへの展開がアジアビジネスを変える

 
■幸福度世界No.1の国「ブータン」


 

■ベトナム最大級のショッピングモールに
『Japan Style Shop』


 
■新都市フーミーフンの安定的な発展に向けて

Phu My Hung Corporation

 
■アジアで輝く女性たち
数々の苦難を乗り越えて
タイ進出企業の心強い味方へ


TJPrannarai Group 代表取締役社長 前田 千文

 
■Singapore Satellite
第5回 世界屈指の完成された経済開発組織

関 泰二

 
■数字で見るアジア
【日本語学習者数】

 
■万事如意~中国ビジネスの歩み方~
第4回 契約する前に綿密な企業調査を

株式会社ESビジネスサポート 取締役 永井佐千子

 
■MEKONG BUSINESS TREND
ベトナム経済回復の対症療法と原因療法

流通科学大学教授 上田義朗
 

New Wave from Asia
第19回 大洪水でも人気が落ちないタイ

フリージャーナリスト 松田 健

 
■Sailing Master 新年特別企画
ニュースで振り返る2011年のアジア動向


■Airline Information in Asia ─ アジアを結ぶ翼たち─
第5回 仁川国際空港をハブに世界各国へ

プレミアムな空の旅を追求 《大韓航空》



 


 



 
【Sailing Master バックナンバー紹介】

・ Sailing MasteVol.25
Sailing MasteVol.24
Sailing MasteVol.23
Sailing MasteVol.22
Sailing MasteVol.21
Sailing MasteVol.20
Sailing MasteVol.19
Sailing MasteVol.18
Sailing MasteVol.17
Sailing MasteVol.16
Sailing MasteVol.15
Sailing MasteVol.14
Sailing MasteVol.13
Sailing MasteVol.12
Sailing MasteVol.11
Sailing MasteVol.10
Sailing MasteVol.9
Sailing MasteVol.8
Sailing MasteVol.7
Sailing MasteVol.6
Sailing MasteVol.5
Sailing MasteVol.4
Sailing MasteVol.3
Sailing MasteVol.2
Sailing Maste創刊号
Sailing Maste創刊準備号



著作権について

本サイト内の記事、コンテンツ類の無断転載、複製および転送を禁じます。このような運営の妨げになる行為に関しては、損害賠償を求めることがあります。