アジアビジネス情報マガジン
「Sailing Master」

アジアの時代の到来




中国、インド、タイ、ベトナムなどの台頭は、世界経済に大きな衝撃を与えています。成長著しいアジア各国は先進国にはない活気に満ち溢れ、無限の可能性が広がっています。貧しいアジア各国の羨望の眼差しを一身に集めてきた日本も、アジアという視点でビジネスを組み立てていかなくてはならなくなっています。これは、大企業だけでなく中小企業も同様です。

少子高齢化によりマーケットとしての求心力を失いつつある日本に比べ、アジア経済圏には世界から「ヒト・モノ・カネ・ジョウホウ」が集まっています。2010年以降はアジアの時代と言われており、日本も視点を高く持ちアジア視点でビジネスに臨まなくてはなりません。

「Sailing Master」はアジア視点でビジネスを展開する企業を応援します。経営者は企業という船の航海長(Sailing Master)。今後は、海の向こうの大陸へ向けて航海を余儀なくされるでしょう。そのとき、本誌が読者の皆様の一助となれば幸いです。


アジア視点のビジネスマガジン「Sailing Master」は船出を控える多くの企業にエールを贈ります。


【セイリング・マスターVOL.23 コンテンツ】

巻頭インタビュー
国の文化と経済を築くフランチャイズの海外展開
心理的な国境の壁を払拭し飲食業界は新ステージへ


アセンティア・ホールディングス
代表取締役社長 土屋 晃




特集
人々の未来を支える
アジアのIT・電気電子産業事情
存在感を増すアジア諸国
IT 市場でも急成長が続く

中国
成長を持続できるかに注目
中国が実施するIT 産業支援策

台湾
台湾のIT 産業と海外勢との連携で開ける可能性

ベトナム
人材層の薄さを克服できるか
2020 年に向けたIT 産業振興政策

シンガポール
アジア地域でのビジネスハブの地位をIT 産業でも目指す

タイ
基盤強化が急務となるタイ経済
情報産業の振興策もアップデート

インド
所得格差の縮小が急務
インド経済におけるIT 産業振興策


 
将来の競争力確保に取り組む各国のIT関連人材育成プラン

新たな開発拠点や市場開拓に向け動き出すソフトウェア業界

優秀なエンジニアを育む日印間のITゲートウェイ

日印ソフトウェア 代表取締役社長 S.N.ギリ

優れた人材を通してアジアへの社会貢献を目指す

Myanmar DCR ゼネラルマネージャー 小林政彦

IT・電気電子産業の活路はアジア諸国での発展にあり


■アジアで輝く女性たち
日系企業の進出支援を通じて
シンガポールと日本の架け橋に


プライムビジネスコンサルタンシー 代表 川村千秋

 

■Asia Business Conference in 東京
開催レポート(7月5日、6日、7日)


 
■万事如意~中国ビジネスの歩み方~
第2回 成約率に差が出る展示会向け対策 

株式会社ESビジネスサポート 取締役 永井佐千子

 
■MEKONG BUSINESS TREND
アセアン経済共同体(AEC)の課題と展望

流通科学大学教授 上田義朗

 

■加速するアジアのレジャー業界
「統合型リゾート」と「カジノ」に注目


 
■Singapore Satellite
第3回 サード・カントリー・コラボレーション

関 泰二


 

本当のインドを知れば怖くない!
第5回 日本はいつになったら動き出すのか?

エニシスマネジメント プライベート リミテッド 青山 諭

 
■Asia Business Headline
日本でもLCC の動きが活発化
アジア諸国がより身近に


 
■New Wave from Asia
第17回 リッチな国に向かうミャンマー

フリージャーナリスト 松田 健

 
■数字で見るアジア
【産業財産権】




■Airline Information in Asia ─ アジアを結ぶ翼たち─
第3回 世界に広がるネットワークと
心安らぐ“やわらかなサービス”


タイ国際航空





 



 
【Sailing Master バックナンバー紹介】
・ Sailing MasteVol.23
Sailing MasteVol.22
Sailing MasteVol.21
Sailing MasteVol.20
Sailing MasteVol.19
Sailing MasteVol.18
Sailing MasteVol.17
Sailing MasteVol.16
Sailing MasteVol.15
Sailing MasteVol.14
Sailing MasteVol.13
Sailing MasteVol.12
Sailing MasteVol.11
Sailing MasteVol.10
Sailing MasteVol.9
Sailing MasteVol.8
Sailing MasteVol.7
Sailing MasteVol.6
Sailing MasteVol.5
Sailing MasteVol.4
Sailing MasteVol.3
Sailing MasteVol.2
Sailing Maste創刊号
Sailing Maste創刊準備号



著作権について

本サイト内の記事、コンテンツ類の無断転載、複製および転送を禁じます。このような運営の妨げになる行為に関しては、損害賠償を求めることがあります。